Home    About Kopila Clinic    Jobs    Contact Us    
 
Service for Adoptive International Parents
 
   
LANGUAGE PREFERENCE
 
FRENCH
GERMAN
ITALIAN
SPANISH
PORTUGESE
RUSSIAN
JAPANESE

採用の下の子供のための推薦されたスクリーンテストそして評価

      

Kopila- は健康な赤ん坊医院国際的な採用のために考慮されている子供のための色なスクリーンテストを行う。 これらのテストはこれが子供の状態の公平な査定を養子関係親に与えるので採用された子供および家族の健康のために必要である、 親が最も知識のある方法でこの重大な決定をすることができるように。

採用の評価

このサービスは2 部から成っている:

1. 医学の評価

2. Neuropsychological スクリーニング(進化のスクリーニング)

1. 医学: 評価はすべての利用できる医療記録の検討から成っている、 精密身体検査、 (年相応なら) 視野及びヒアリングのスクリーニング、 実験室試験及び解釈、 そして付属品及び健康な子供の心配についての予期可能な指導、 ポスト制度化された子供に関連した特にそれら。

 

外国から採用されるあらゆる子供で最初に行われるべきであるスクリーンテストについての採用の薬の専門家間に一致がある。 次のリストはほとんどの採用の薬の専門家がそしてPediatric 伝染のRedbook の指針の推薦によって推薦する広範囲のリストである 小児科のアメリカアカデミーの出版物。

ネパールから採用される子供に絶対に徴候の病気の一つ以上があるかもしれない TB のための即ち咳無し、 寄生虫のための下痢無し、 肝炎のための黄疸無し、 そして甲状腺剤の機能障害のための成長の失敗無し。

これらのテストは状態の芸術の衛生検査隊で子供が採用された故国で着くときこれらのテストが繰り返される必要はないように終った(ネパールで及び外国に)

ネパールで着くとすぐ家族がKopila 医院との任命をすることが提案される、 採用の前か後にプロセスは始まる。 これはあなたの子供にあらゆる伝染性の病気のために検査してもらうことを可能にする 付加的な医学の紹介(慢性問題) を必要とする条件のために評価される、 そして子供の免疫の状態を見直すことを割り当てなさい。

推薦された血、 尿及びスクリーンテスト

採用プロセスが始まる前か後にあなたの子供に複数の血液検査があるべきである。 それがプロセスの前にされれば、 採用で知識のある決定をすることができる そしての後でされたら、 よくあらゆる根本的な問題を取扱うために準備される。

か。激しいか慢性の肝炎のための子供を評価するために肝炎のプロフィールは必要である。 これは肝炎の表面の抗原を含むべきである 肝炎の中心の抗体及び肝炎の表面の抗体(HBsAg anti-HBc HBcAb そしてanti-HBs HBsAb) これらの基本的なテストは子供が肝炎を経験すれば示す、 露出されるか、またはワクチンを持っていた、 または病気のキャリアはある。 テストのうちのどれかが肯定的なら、 病気の範囲の輪郭を描くために医者は更にテストすることを推薦するかもしれない。 リストされているテスト上(そして一般にスクリーンとしてほとんどの医者がするちょうど肝炎の表面の抗原を) のすべてをすることは必要である 肝炎の子供の60 パーセントまで通常の血スクリーンをするただと逃されるかもしれないように。

か。肝炎はまた何人かの養子で見られた、 そして国際的な養子全員がこのウイルスへの抗体のために選別されることが推薦される。

か。HIV-1 及びHIV-2 のためにELISA によってテストしているHIV はすべての子供のために推薦される。 この病気、 他のアジア国とは違うネパールで非常に共通がカンボジア及びタイを好みなさい、 親の心の安らぎとHIV の早い同一証明のために推薦される。

か。ova 及び寄生虫のための腰掛けの検査、 giardia 及び細菌伝染はネパールからのすべての養子のために推薦される、 ちょうど(しかし特に) 下痢とのそれらのために。 ネパールのorphanages に住んでいる子供は高いリスクにある、 かなり栄養不良である子供があるように。 それらのための下痢を有するためにそれは子供に必要病気をこれらのテストによって診断してもらうためにでない。

か。貧血症があるように確認するべき完全な血計算(を含むヘモグロビン) アレルギー、 及びまたは伝染は推薦される。

か。梅毒のための子供を評価するためにVDRL (通常梅毒) のための血液検査は推薦される 得られたかもしれないかどれが彼のから彼女の生みの母。 このテストが肯定的なら、 それ以上の血液検査は必要である。 進化問題を起こすことができる神経梅毒があるように確認するべき背骨蛇口はまた推薦されるかもしれない。

か。甲状腺機能低下症(TSH) のためのスクリーンは国際的に採用されるすべての子供のために今推薦される。  何人かの赤ん坊はすぐに見られない甲状腺剤問題と生まれる。  スクリーンテストは甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの不足) のために利用できる、 赤ん坊の正常な頭脳の開発のために非常に必要であるかどれが。  生来の甲状腺機能低下症、 新生児の不十分な甲状腺ホルモンの生産の例、 定期的なスクリーニングによって識別される共通の無秩序はある。 これは腺の解剖欠陥のために起こることができる 甲状腺剤の新陳代謝の先天的な間違い、 またはヨウ素不足。  ヨウ素不足の無秩序(IDD) は推定10,000,000 Nepalese に全国的に影響を与える、 世界の最も高いのの全人口そしてものの半分はほとんどであるかどれ。  生来のhypothyoidism は成長及び頭脳の開発を遅らせる。  それが時間に検出されれば、 正常な開発を許可するために赤ん坊は甲状腺ホルモンの口頭線量と扱うことができる。  ちょうどそれらを見ることによってこの問題の赤ん坊を識別することは困難である。  しかし少数の血のしたたりの血液検査をすることによって、 この問題はには早くも生命の数日最初に検出することができる。  米国か他の先進国で耐えられるほとんどの生れの子供は生れの病院からの排出の前のこの無秩序のために選別される。

か。彼を選別するためにPPD テストは子供の腕に置かれるべきである結核のための彼女。 ネパールの病院で耐えられる多くの子供は生れの後まもなくいくつかがまた家で耐えられる間、BCG ワクチンを受け取る、 従ってBCG の打撃のための機会を得ない。 このワクチンは結核に対して保護するために仮定される そして子供にこのワクチンを受け取った後PPD に反作用があるかもしれない。 但し、 それはまだ強くことすべての国際的な移民推薦される、 ネパールからの子供を含んで結核への露出のために選別されなさい、 にもかかわらずそれらがワクチンを受け取ったどうか。 このテストは2 か月若い子供で安全にすることができる BCG の傷が新たに直っていない限り。 Kopila のヘルスケアの専門家によって48 から72 時間に(肯定的または否定的であるかどうか見るために見られて) 読まれるべきである ちょうど親。 この子供たちが肺を越えて広がる広められた結核のための高いリスクに子供であるので( 可能性としては腎臓および頭脳に) プラスの結果は注入された区域が皮の上で10 ミリメートルまたはもっと上がるところに1 つである。 このテストの解釈は子供にBCG ワクチンがあっても変わらない。

か。尿検査は尿検体であらゆる血のために評価するためにされるべきである それ以上の評価を必要とする場合もある子供の尿システムの蛋白質か伝染。

他の推薦された評価

か。テストする血及び尿に加えて 子供が彼問題のための他の医学スクリーンを持っていることが強く推薦される彼女は高いリスクにある。 これらの問題のいくつかに彼のの時に明白な徴候があるかもしれない彼女の採用、 しかし統計量はこの子供たちがこれらの区域の心配のための高められた危険にあることを示す。

か。ヒアリングスクリーンはネパールから採用されるすべての子供のために推薦される。 聴覚障害の子供との早い介在は適切な言語発達およびヒアリングの増加を保障して必要である このスクリーンを採用することにした後すぐにしてもらうようにそうそれは有用である。

か。同様に、 眼科医による視野のスクリーンそして評価は推薦される。 交差させた目は制度化された子供の共通の問題である。 orphanage からの子供に生れの歴史がないので、 それは生みの母に子供の視野の長期を妥協できる伝染があったら知られない。 これらの伝染はトキソプラスマ症(頻繁に猫のfeces を通して渡される寄生虫の伝染) 及びRubella (風疹) を含むことができる。 同様に、 目問題の家系歴は知られない、 そう眼科医はあらゆる遺伝性の目問題のために選別するべきである。

 

Neuropsychological スクリーニング(進化のスクリーニング)

子供の子供の進化のレベルを評価するために進化スクリーンは推薦される。 一部の国にこの情報はまた家族が特別な必要性の採用の助成金のために修飾するのを助力に有用かもしれない。 これはデンバーの進化のスクリーンテスト(DDST) として知られているテストを通したKopila の小児科医によってすることができる。 Kopila でよりもむしろ故国でされるDDST を持っている利点はこの進化のスクリーニングが子供の第一次言語で理想的にされるべきで、そのような機会が稀外国にであることである。

免疫

orphanage に置かれた何人かの子供は彼らの採用前の免疫を受け取ってしまう。 他は採用のための医学の評価の時に免疫を受け取るかもしれない。 概要に、 タイミングは3 つの部門の1 つに下る:

子供に与えられる免疫は間、orphanages で繰り返されるべきである。 多数の採用の薬の専門家に従って、 血のテストはネパールの政府の病院から免疫を示した受け取った同じような制度上の心配で子供で子供にimmunized 病気に対して完全な抗体の保護がなかったことを行った、 免疫の全揃いを反映した記録にもかかわらず。 ワクチンの適切な貯蔵そして管理についての強い質問がある、 記録が正確打撃が与えられたことを反映するであるどうか、また。 すべてはワクチンウイルス住んでいる、 MMR (はしか、のような 耳下腺炎、 (HIV テストが否定的であるために示されていれば) Rubella か風疹) および鶏Pox ワクチンは繰り返されるべきである。 (上記される) 血のテストはまた肝炎の抗体のためのテストを含むべきである、 子供が肝炎に抗体を持っていればこれが示すので。 このごろ使用されるワクチンのほとんどはそれらを繰り返すことは安全であることそのような低い副作用をもたらす 子供がorphanage で実際にワクチンを受け取っても。

Kopila で与えられる免疫- 健康な赤ん坊医院はより信頼できる証明される そして繰り返される必要はあってはいけない。 Kopila のワクチンはライオンの国際的な製造業者から直接来る、 フランス、 ベルギー及び米国、 Kopila で着いた後維持の適切で冷たい鎖および、 CDC が推薦する指針によって保存性を保証するために最大の心配は取られる 米国. 再度、 ほとんどのワクチンを繰り返すことは完全に安全である 子供への危険と。

査証のための医学の評価の時に子供に与えられる免疫はワクチンの最も安全そして最も信頼できる考慮される。 記録はようにs/ Kopila のスタッフに示される必要がある彼はそれからその情報を使用して未来のワクチンの管理を時間を計ることができる。

私達は強く代理店及び世話役が稀に子供の健康を査定するために修飾されないので採用プロセスでKopila で採用のパッケージをとることを含める推薦する。 子供が主催国で健康であると考えられれば 代理店は普通その査定を受け入れる。 それにもかかわらず、 親に表われるべきであるこの子供たちの記録の健康問題を識別するためにそれは共通である。 多くの注意深い代理店が広範囲のスクリーンテストを推薦するか、または要求する間、 他は"悩み" を捜すことを推薦しないし、正式を達成するためにテストをただ行わない。

プロセス: 医療記録および成長データ検討、 精密身体検査、 血のスクリーンテスト及び進化テストはDr によって遂行される。 Kopila Anu Amatya は長期健康に影響を与える条件の証拠のためにそれからこれらのレポート吟味され、(microcephaly の証拠のような、 または出生前の伝染、 例えば) 家族は上のまたは直に相談電話と同様、報告書を受け取る。 これがtime-sensitive プロセスであることが理解される、 7 日以内の査定を完了するためのそう全力はなされる。

 

Anu Amatya の背景、 M.D.

Dr. Anu Kopila にコンサルタントの小児科医および採用の薬の専門家- 健康な赤ん坊医院である、 Pulchowk Lalitpur ネパール(00977-1-5542767) 彼女は米国で訓練され、アジアの多くの国で14 年間以上のPediatric 経験有する、 米国を含むアフリカそして北アメリカ。 彼女は前にに健康の評価及びポストの採用を提供する。 現在彼女は1 週につき8-10 国際的な採用が含まれている1 週につき約200 人の患者に会う。

料金: あなたの国のあなたの小児科医とのフォローアップ情報そして会議- US$ 370.00 を含む採用のスクリーニングのパッケージを完了しなさい

この採用のパッケージは小児科のアメリカアカデミーによって推薦の一致にあるテストの後に含んでいる、 国際的な採用の専門知識の米国そして他の先進国の医者の一致と同様、感染症の委員会:


 

採用のパッケージ

 

1.         精密身体検査           

2.         DDST (デンバーの開発のスクリーンテスト) すべての国際的な養子のために必要な進化の検査。

3.         視野及びヒアリングのスクリーンテスト           

4.         広範囲の血の仕事

 

a) 血液学(貧血症からの規則に、 最近の伝染及び慢性の伝染)

            差動及び血小板との完全な血計算

            ヘモグロビン

            血液型

           

b) 腎臓機能テスト(腎臓機能を査定するため)

            血清のクレアチニン

            ナトリウム               

            カリウム

            塩化物

c) レバー機能テスト(ろばのレバー機能に)

            ビリルビン(合計、 直接及び間接)

            SGOT (AST)

            SGPT (ALT)

            アルカリホスファターゼ

            Gamma Glutamyl のトランスフェラーゼ

            血清の全体蛋白質

            血清アルブミン

            血清アルブミングロブリンの比率

 

d) 免疫学

            HIV (I 及びIi) - (ELISA 方法)

            肝炎の血清学(C.L.I.方法)

か。Hep B の表面の抗原(HBs Ag) E.L.I.S.方法)

か。抗原全体反Hep B の中心(AHBc-T)

か。反Hep B の表面の抗原全体(AHBs-T)

か。反Hep B の中心の抗原IgM (AHBc-IgM)

            Hep C のウイルスの合計(AHCV)-E.L.I.S.方法)

            VDRL (梅毒)

 

 

            トーチのプロフィール(E.L.I.S.A. 方法)

(生来の伝染)


 

か。Toxoplasma Gondii (TOXO)-IgG

か。Toxoplasma Gondii (TOXO)-IgM

か。Rubella (RUB)-IgG

か。Rubella (RUB)-IgM

か。CytomegaloVirus (CMV)-IgG

か。CytomegaloVirus (CMV)-IgM

か。ヘルペス単信ウイルス(HSV)-IgG

か。ヘルペス単信ウイルス(HSV)-IgM

 

e) 甲状腺ホルモンテスト(C.L.I.A. 方法)

(ろばの甲状腺剤機能に)

            自由な三idothyronine (立方フィート)

            自由なチロキシン(FT4)

            総チロキシン(T4)

            総三idothyronine (T3)

            甲状腺剤の刺激のホルモン(TSH)

f) 血文化

5.         雑多

            尿ルーチン

(尿の伝染を査定するため)

            尿文化

            腰掛けルーチン

(みみずからの規則にGiardia)

6.         免疫

            Mantoux テスト(結核からの規則に)

            パッケージで含められない推薦されたワクチン()


 

ネパールのための推薦されたIMMUNISATION のスケジュール

(EPI ネパール及びCDC-USA の指針によって)

            年齢のIMMUNISATION

 

            生れBacille Calmette Gu3erin (BCG)

                        肝炎(HepB)    

            1-1/2 か月の肝炎(HepB)

                        Diptheria 破傷風及びPertussis (DPT/DTaP)

                        Haemophilus influenzae b (Hib) をタイプする

                        口頭小児マヒ(OPV )/ IPV

                        Pneumococcal は活用する(7vPCV)

            Diptheria 2-1/2 か月の、 破傷風及びpertussis (DPT/DTaP)

                        Haemophilus influenzae b (Hib) をタイプする

                        口頭小児マヒ(OPV )/ IPV

                        Pneumococcal は活用する(7vPCV)

 

            Diptheria 3-1/2 か月の、 破傷風及びPertussis (DPT/DTaP)

                        Haemophilus influenzae b (Hib) をタイプする

                        口頭小児マヒ(OPV )/ IPV

           

            6 か月のPneumococcal の共役(7vPCV)

                        肝炎(HepB) 1 線量の後の-5      

                        インフルエンザ(あらゆる年)

            はしか9 か月の

 

            はしか12 か月の、 耳下腺炎及びRubella (MMR)

                        肝炎(Hep A)

                        日本の脳炎(JEV) - 0,7,28

                        狂犬病(危険の子供のために) - 0,7,28

            はしか15 か月の、 耳下腺炎及びRubella (MMR)

                        Haemophilus influenzae b (Hib) をタイプする

                        Diptheria 破傷風及びPertussis (DPT/ DTaP)

                        口頭小児マヒ(OPV )/ IPV  

                        Pneumococcal は活用する(7vPCV)

            肝炎18 か月の

                        水痘(Chickenpox)

            Meningococcal A&C/ 24 か月のACWY(every 2 )

                        腸チフス性(2 年毎に)

                        Pneumococcal の多糖類(23vPPV) あらゆる5

            はしかへの4 年、 耳下腺炎及びRubella (MMR) のブスター- 15 か月に取られなくて

            (15 か月に取られなくて) 5 年、

                                                Diptheria 及び破傷風(DT) 小児マヒブスター

 

KOPILA TEAM

 

Health Information for Parents
cdc.gov
Vaccine related information
Health related information for parents

kopilaclinic.com/healthinfo
 

 
 
Kopila Clinic Publications for
Concerned Parents
 Kopila Clinic Proceedings - Kopila Clinic's monthly medical journal.
(opens in new window)
Clinical Update - Trends in the practice of medicine at Kopila Clinic .
Dialogue - New programs and services at Kopila Clinic .
 
Communiqué - News about current tests, method changes and interpretive data from Kopila Medical Laboratories.
 
 Kopila Clinic Scientific Press - Medical and scientific publications from Kopila Clinic.
(

 

services at Kopila
Routine Checkups and Physical Exams
Laboratories Services
Development Assessment
Immunization services
Speech, hearing and vision test
Dental Checkups
Nutritional counseling
Health Education
Pharmacy Services
  Reference Service
Adult Vaccination
Service for Adoptive International Parents